求人天機!保育業界は今転職どき?

『保育園落ちた!』のブログが話題になって以来、保育園の不足が社会問題化し、保育士の給料の低さ、仕事の大変さがクローズアップされました。

最 近、自動車保険会社に電話をしている時に保険会社の方に「保育士なので」なかなか日中電話に出られないというと、「大変なお仕事ですよね。わが子も保育園 に預けていましたが、まさか保育士さんがそんなに大変な思いをしてお仕事されているって知らなかったんです」と同情されてしまいました。

 

そうなんです。みんな保育士がどのくらいお給料をもらっているかなんて知らないですよね。公務員である公立小学校の先生は退職ごろには1000万円になると 言う年収が、保育士だと300万円ほどだって知らないんです。学校の先生と保育士の仕事、比べることはできませんが、1/3以下の仕事だとは思いません。

そんな、保育士の窮地を知って、みなさんが応援してくれるような雰囲気が出てきたおかげで、実は少しずつお給料が上がっている感じがします。

保育士は転職どき?
保育士は転職どき?

待遇改善の兆し

私が勤める地方の小さな都市の私立保育園では、給料が安く最低賃金で働いていました。

それが、この春から少しお給料が上がっています。

正職員の子たちも、少しずつお給料が上がってきているようです。

 

ハローワークインターネット検索を見ていても、求人のお給料が上がっていることにびっくりします。

特に東京・大阪などの大都市では、スタート25万円、経験者なら28万円なんていうところもありました。このくらいになってくると、一般の仕事と同じくらいの水準なので、ひもじい思いをしなくて済みそうです。

 

ただ、いざ転職するとなると、新しい職場はどんな人がいるのか、人間関係などの、入ってみないとわからないようなことが、心配になりますよね。

実際に私はハローワークで出ていた求人に飛びついて就職したのですが、そこでの人間関係がひどくて、1年で職場を変えました。

若 い子ばっかりの職場は、人がしょっちゅう入れ替わると言うことで人間関係に難がある可能性が高いと言うので、面接の時にどんな年齢の方が勤めているのか確 認したり、事前に出来る限りのリサーチはしてみたのでが、実際には40台前後の方が多い職場でも酷いいじめにあいました。他にも求人と違う時間での勤務 だったり、土曜は休みのはずが出勤しなくては行けなかったりと、きちんと確認できていなくて酷い目にあいました。

でも、事前にいろいろ聞きにくいことを質問できるいい方法があります。

それが保育士派遣会社や保育士転職会社に登録することです。

保育士求人を掲載している転職会社を利用すると

コーディネーターの方が、間に入って聞きにくいことを代わりにきいてくれます。

また、紹介予定派遣のように、最初は派遣で働いて、いいところだったらそのまま採用してもらうという方法もあります。

通常でしたら年度途中で辞めるのは難しい保育業界ですが、派遣の契約期間は3~6カ月というところも多いので、年度途中でも、期間満了ということで円満に辞めることも可能なのです。

 

実際、私の勤める園に今回入ってきた4人のうちに新卒採用は1人だけ、あとの3人は他業種からの転職が2人、幼稚園教諭からの転職が1人で、中途採用の3人とも紹介会社からこられたと言うことです。

 

自分で探すのに比べて、希望を詳しく効いてくれてそれに合致する園を探してくれるので、手間が格段に違います。そしてこの紹介会社や派遣会社は、登録料、紹介料等一切かからないのです。

私の住むような地方ではあまり求人が出ないようですが、それでもネットで簡単に登録できるので登録してあります。

派遣会社なんかに登録すると、営業電話が頻繁にかかってくるんじゃないかと気にする人がいますが、心配はありません。

確かに時々、今の仕事の状況を電話で確認することがあります。そして保育業界は年度途中での退職が難しい業界とはいえ、やはり辞める方はいらっしゃるので、今仕事を探しているようでしたら紹介できます、という連絡があります。

でも、「今は入職中です」と答えると、「それはよかったです。もし、お手伝いが必要なことがあればいつでも声をかけてくださいね」ととても丁寧に答えてくださいますから、これは登録するだけでも価値があるなと感じています。

運動がひろがっても実績はまだまだ先

実は、冒頭の「保育士落ちた!」のブログ事件の後、保育士の待遇改善を求めてネットで署名運動がおこりました。

この署名運動では3万5千人の方の署名が集まり、厚生労働省大臣提出されました。

けれども、具体的な実績には至っていないのが現状です。

そのため、ストライキを計画されている方もいます。

でも、実際ストライキをすることに対しては賛成できないという意見も多くありました。私自身もストライキには賛成できないなと感じてしまいました。

ただでさえ人手不足の職場、自分を待っている子どもたちと、その保護者の方たちに、ストライキだからといって職場に行かないことは、今まで一生懸命に作り上げてきた信頼関係を一度に壊しかねないことです。

 

そ の点、契約期間をきちんと勤めあげて、新天地を求めるのであれば。大事な子どもたちや保護者の方に迷惑をかけずに済みます。そして、お給料や待遇面で選ば れない保育園は経営者や責任者の方がどうすればいいのかを考えていただけるきっかけになるでしょう。この方法が、保育士の待遇を上げるのに一番いい方法な のではないかと思います。

子どものためにも、待遇改善を

保育士の待遇改善は、保育士だけの問題ではありません。キチンと働きに見合うお給料をいただきた いと思うのは当然ですし、そうやって生活に苦しまなくて済む分、先生が笑顔でいられれば子どもたちも笑顔でいられます。子どもが笑顔でいられれば、保護者 の方たちも安心して仕事をすることができるのです。

この転職天機にうまくのって、そんなみんなが笑顔になれる未来を目指したいですね。

保育士の待遇改善問題にもっと詳しくなれるサイトはこちらから>>>保育士の転職情報(メニューから『転職お役立ち情報』へ)

保育士の用語や制度など、保育に関する情報がまとまっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です