待遇や求人条件の改善施策には男性保育士の目線も必要

男性保育士

待遇改善施策などを見ていると、女性の保育士の視点での改善施策が目立ちます。

でも今、男性保育士の割合も増えつつあるなかで、保育士不足の解消には男性保育士の増加も必要なのではないでしょうか。

男性保育士を増やすにあたってまず必要になるであろう「待遇改善施策」の必要性と、男性保育士の将来性について調べてみました。

男性保育士
男性保育士

男性保育士の収入面は?

スバリ、男性が保育士としてもらえる平均年収は、およそ330万円です。

保育士の給料をみると、基本的には男性でも女性でも変わらない傾向があります。ただ、女性の保育士のなかには、結婚や出産などを機に退職する人も少なくないため、男性の方が若干高くなる保育園も多いようです。

実際のところ、収入面は勤めている地域、公立か私立か、さらには保育園ごとにそれぞれ差があります。保育士の仕事は朝早くから夜遅くまで働き詰めることもあり、ハードワークに対して「もっともらってもいいのでは…?」と不満を感じる人も多いといいます。月々の手取り額については、ひとつの目安としておよそ15~24万円といったところがおおいのではないでしょうか。

もちろん、同じ職場に長年勤め続けることによって、月収も上がってくる保育園が少なくありません。とはいえ、新卒の男性保育士では、実際の手取りで20万円に届かないケースがほとんどでしょう。

収入面を重視するのであれば、私立よりは公務員としての待遇となる公立のほうが、収入的に安定します。しかし、手取りの給料が大幅に増えるかといえば、それほど高額にはならないというのが現状です。

男性保育士に将来性はあるのか?

今後、保育業界はどのように進んでいくのか、その将来性という点では、男女の差は関係ないといえます。

まずは、今の職場で自分はどのようなポジションで働きたいのか、それを確立していくことに力を注ぐことが基本になるのではないでしょうか。

そのポジションを考える上でのヒントは、家庭でのお父さん、お母さんがどのような役割で子どもに接しているかにあります。

たとえば、買い物に行くときに車を運転すること、重い荷物を持つこと、それはパパの役割でしょう。女性が苦手とすること、体力などの関係でできないことを率先して受け持つことこそ、男性が保育園のなかで尊重され、自ら居場所をつくることができる方法になります。

長年勤めていること、さらには主任などの役職を任されること、その上で交通費や家族手当などをしっかりと配慮してくれる職場であれば、もはや男女の違いは気にすることではなくなります。保育士求人のサイトで思う存分転職先を探し始めましょう。

保育業界は、収入面では魅力が高くない業界ではありますが、それでも「子どもが好き!」とか、「保育士にやりがいを感じる!」というのであれば、決して生活することが難しい職業ではないのです。

まずは、男性保育士として自分が活躍できる場所を、自分の力でつくっていくんだという意識を持つことが何よりも大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です