保育園の運営元は社会福祉法人か株式会社か?【求人にも違いがあるの?】

社会福祉法人と株式会社

保育園の中でも認可保育所の運営は市町村(市立・町立など)と社会福祉法人のみに限られていました。

しかし共働き世帯の増加や核家族化の影響から、保育園に入園を希望する子どもは増加傾向にありました。特に都心部を中心とした待機児童問題は大きく取り沙汰されている早急の解決が求められる社会的問題となっています。

そんな問題を受けて、2000年からは株式会社による保育園経営が認められました。認可保育所の経営は制度の変更によって大きな転機を迎えました。しかし社会福祉法人と株式会社では何が違うのか戸惑う保育士も多いのが現状です。

今回は運営元である社会福祉法人と株式会社に絞って考えて見ました。

社会福祉法人と株式会社
社会福祉法人と株式会社

社会福祉法人と株式会社の違いは?

一言で言えば、
  • 社会福祉法人は、福祉事業を行わなければいけない。利益は追求できないが、行政からの補助金を貰える。
  • 株式会社は、自由に事業内容を決められる。補助金の額は低いので、利益を出して経営を安定させる必要がある。
ということです。

社会福祉法人のメリット・デメリット

経営が安定していることが大きなメリットです。補助金があるので、「収益があがらないので保育園を運営することをやめます」という決定がされにくいため、長期的な雇用が見込めます。

ただその反面、競争関係に置かれることが少ないので、家族経営やワンマン経営になりがちです。新しいポジションや取り組みをやってみたいのに、OKがでない、と悩む保育士もいます。人間関係が合わず退職をせまられたり、働きにくい条件になっていたり、ということがあります。

株式会社のメリット・デメリット

会社としての収益や制度が明確になっていることと、福利厚生が整っていることが株式会社のメリットです。経営方針を株主に理解して貰う必要があるため、どんな取り組みをしていてどれくらいの収益がでているのか、今後どうするのか、ということがとてもわかり易いです。また、ほかの保育園とくらべて収益性を高くするために、高待遇で保育士を確保しようとしていたり、保育士の声を聞いて新しい取り組みに挑戦してみるというところもあります。

反対にデメリットは、事業としてふさわしくなければ保育園運営がなりたたない、ということです。他の事業でもまかなえないほどの赤字を出した場合、保育園廃止になることもあります。

社会福祉法人と株式会社はどちらがいい?

結論としては、働く園次第です。求人条件が良い社会福祉法人もあれば、求人の質があまり良くない株式会社もあります。

経営の安定性で見れば、社会福祉法人の方が良いのかと思うかもしれませんが、決して経営の期間が短いからと言って株式会社がダメということはありません。経営基盤で見ても社会福祉法人だからといって倒産の危険は0ではありません。

それよりも、やはり保育士が重視したいのは保育園が掲げる保育理念ではないでしょうか。自分が納得して保育が出来る環境であることが保育士として一番の優先事項です。そういった点では社会福祉法人であっても株式会社であっても差は大きくありません。

保育士として子どもたちときちんと向かい合える保育園であることがなにより大切です。また自分への待遇は保育士全体の待遇改善に繋がりますから、どんなに大きな経営基盤があっても求人条件が予め低く、薄給すぎる保育園は選ばないことが大切です。保育士はこれからの社会でとても大切な人材です。だからこそ保育経営者の中から良い経営者をしっかり見分けることが保育士には求めらていくのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です